浴室暖房でポカポカ暖かく入浴を楽しむ【ヒートショックに負けない】

浴室にも

ガッツポーズする女性

入浴時の温度差は結構身体にはマイナスであるのです。それによって死に至ってしまっている方もいます。だからこそ浴室暖房でヒートショックを未然に防ぐ処置を取っている方は多くいます。

Read More...

冬場の効果

シンプルな浴室

浴室暖房は本来、衣類の乾燥用の設備ではないため、雨の日等で外干しが不可能な場合、洗濯機の乾燥機能の利用や部屋干しをある程度行い、仕上げとしての活用が有効です。また、寒い時期にシャワーを流し続けるのであれば浴室暖房を活用した方が効率的ですし、冬場は入浴前に風呂場と脱衣所を一緒に温めるとより効果的です。

Read More...

快適に入浴

モダンな浴室

冬場はお風呂場の温度がかなり低くなり、ヒートショックにも気をつける必要がありますが、浴室暖房を取り付けておくと寒い時期も快適な入浴を楽しめるようになります。冬場は特に役立ちますが、洗濯乾燥などで年間を通して役立ってくれます。

Read More...

浴室暖房が登場

浴室暖房はぜいたくか

住宅の浴槽

昔の住まいのお風呂は、外に設置されていることが多かったです。時代と共に、住まいの中にお風呂が設置されるようになりました。しかし、それだけで十分とされ洗い場や脱衣場が寒いのは当たり前、我慢するものとされていたのです。 やがて、暖房器具が一般家庭に普及すると、浴室暖房なるものも登場しました、しかし、浴室暖房はぜいたくと思われることが多く、比較的裕福な家庭が設置するものと言われることもあったのです。しかし、浴室暖房はぜいたく品ではありません。 高齢者が増加していく我が国において、ヒートショック現象を防ぐために浴室暖房の必要性はかなり高まってきています。今後は、今以上に一般家庭に設置されるようになるでしょう。

導入するに当たって

浴室暖房は人の命を守るものでもあると言えますが、導入するなら色々注意しておきたいこともあります。浴室暖房は床暖房や温風暖房など方式が何種類か存在します。どれを選ぶかは個人の自由ではありますが、それぞれの特徴をよく理解してから決断するようにしましょう。 浴室暖房の主流は床暖房と温風暖房ですが、床暖房も温風暖房もコストのことをしっかり考えることが大事です。床暖房は初期コストが高いですし、温風暖房はランニングコストが高くなります。予算や将来的なことをしっかり考えて計算し、どちらを導入するか決めましょう。 また、床暖房は低温やけどを起こす場合もあるので注意が必要です。長所も短所もしっかり調べるようにしましょう。